ダイナミックマーケティング社

ダイナミックマーケティング社


ダイナミック流通・SC戦略セミナー

第136回ダイナミック流通・SC戦略セミナー 大阪開催

2017年2月24日(金)

激戦エリアでマーケットデザイン手法によって
棲み分け可能となり競存共栄しているSC事例
-流通先進国アメリカの事例と我が国での応用手法の提案-

  • ごあんない

    • アメリカの経済学で「マーケットデザイン理論」(2012年ノーベル経済学賞受賞)があります。 これをSCに応用すると、1つの固有マーケット内で「SCと顧客(マーケット)のマッチング(適正融合)」及び「ディベロッパーとテナントのマッチング」を行い、激しい戦いの中で勝ち抜くのではなく、得意分野を創出して互いに棲み分けすることにより“競存共栄”する関係をつくり出すことです。 SCが飽和期から成熟期になり、マーケットの成長が大きく期待できない状態では、無駄な努力ではなく、1つの固有マーケットの中で自らのポジショニングから発生する得意分野で互いのSCが棲み分けすることにより無駄な競争がなくなり、SCと顧客、ディベロッパーとテナントのマッチングが適正に行われ、アメリカのようにSCの生産性を高めることが望まれます(日本のSCの生産性はアメリカの40%程度)。 アメリカは成熟時代になって長い時間が経過し、ブルーオーシャン化(棲み分けにより競争相手を意識することなく、自らの得意分野を伸ばすことに専念することができる競争状態)が進んでいます。 本セミナーの第1次単元ではこのマーケットデザインによりブルーオーシャン化したアメリカ・ロサンゼルス郊外の「1つの固有マーケットとしてのオレンジカウンティ」をモデルに事例研究として取り上げます。 また、第2次単元では我が国におけるマーケットデザイン理論に基づく、棲み分け戦略とブルーオーシャン化の手法を8つのステップに基づいて説明します。
      弊社のノウハウとして、マーケットニーズの探索からMDing&テナントミックス、さらにはリーシングまで精度を高めて一貫したSC開発・リニューアル事例を取り上げています。 ぜひ、皆さまのご参加をお待ちしております。
  • 開催日時・会場

    • 日時: 2017年2月24日(金) 13:00~17:00
      会場: 大阪リバーサイドホテル 3階 桐桂の間 (大阪・桜ノ宮)
  • 講師

    • 六車 秀之(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
  • 各単元のテーマおよび内容

    • 第一単元 テーマ 圧倒的な競争SCに対抗して再生したアメリカの事例の解説
      講師 六車 秀之
      (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
      主な内容 1.SCにおける棲み分けの基軸としての「マーケットデザイン理論」とは
      2.マーケットデザイン理論の応用によって激戦マーケットでありながら棲み分けをしているアメリカでの事例研究

      ①ロサンゼルス郊外オレンジカウンティの1つの固有マーケットにおいて15のSCが互いに得意分野を発揮して棲み分けし、ブルーオーシャン化している事例。

      ②しかし、オレンジカウンティでのブルーオーシャン化は聞くも涙、語るも涙の30年に渡るレッドオーシャン期間が必要であった。

      ③互いのSCが3割差異化・特化、7割総合化及び棲み分け分野の一番型SCづくり戦略で“競存共栄”エリアを構築した。

      3.オレンジカウンティにおけるマーケットデザインによるブルーオーシャン化の“理歴”
      (理論的歴史)

      ①サウスコーストプラザの基軸SC戦略

      ②ファッションアイランドの差異化戦略

      ③アーバインスペクトラムの差異化戦略

      ④ベラテラのRSCからパワータウン化戦略

      ⑤ザ・ラボ及びザ・キャンプのアンチモール戦略  等

      第二単元 テーマ 1つの固有マーケットの中でSC相互間で棲み分けを可能とする我が国での戦略手法
      講師 六車 秀之
      (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
      主な内容 1.第1ステップ:「1つの固有マーケット」の設定
      2.第2ステップ:1つの固有マーケットの「MRI化」(マーケット・リポジショニング・インデックス)→SCのマーケット上のポジショニング再構築のための前提指標
      3.第3ステップ:1つの固有マーケット内での「競争優位性を創出」→規模の優位性と立地の優位性によるSCの順位づけ
      4.第4ステップ:1つの固有マーケット内での「市場細分化」(マーケットセグメンテーション)→マーケットを多層的に見て多種多様に消費者を属性的に細分化する(クラスター化)
      5.第5ステップ:1つの固有マーケットにおける「ニーズ構造の探索」
      6.第6ステップ:1つの固有マーケットの中で「自らのSCのターゲティング」→優位性を持って対象とするターゲットやニーズを取り込む
      7.第7ステップ:1つの固有マーケットで「SCが8つの方向性と28の多様化をしている中での当該SCの選択」
      8.第8ステップ:自SCの「MDingの編成ならびに背伸びリーシングの実施」
      テーマ 総括
      講師 六車 秀之
      (株式会社ダイナミックマーケティング社 代表・シニアコンサルタント・六車流研所長)
  • 受講料

    • お一人様:10,000円(消費税含む) 喫茶・資料代を含む
  • セミナー案内詳細