ダイナミックマーケティング社

ダイナミックマーケティング社


1 hour know-how

2013年1月発行  1 hour know-how  vol.16

食文化へ進化する
「食品業態の実態と進化の方向性」

-SCと食品業態の整合性と相乗効果のあり方の解明-

著書: 六車 秀之(株式会社ダイナミックマーケティング社 代表)
5,000円(消費税別)にて絶賛発売中!!

お申し込みはこちら!!
ダイナミックマーケティング社

食品業態の成長ベクトルは時代と共に変化し、今まで勝ちパターンであったノウハウは定番化(当たり前化)して、勝ちパターンのノウハウではなくなるようになります。 食品業態もファッション業界と同様に、単に品質重視(鮮度やグルメ)から感性や異質性に成長ベクトルが移っています。 アメリカは食の“モノ”としての完成度は必ず高くありませんが、対消費者に対する需要創造や価値創造のメカニズムは素晴らしいものがあります。 今、アメリカの食品業態はモダン消費やポストモダン消費が終焉して、ニューモダン消費に対応した食品業態が続出しています。 我が国の食品企業にとって、近未来の食品業態の進むべき方向性や成長ベクトルがアメリカの食品業態を学ぶことによって見えてきます。 まさに「食文化」の時代です。

なぜ、食品業態の成長ベクトルは時代によって変わるのか!!
なぜ、今まで通用したノウハウが時代とともに通用しなくなるのか!!
なぜ、ウォルマートスーパーセンターは最強の地域密着業態と呼ばれるのか!!
ニューモダン消費時代の食品業態とは!!
ニッチなマーケットである自然食品を売るホールフーズマーケットがなぜ多店舗展開が可能なのか!!
食文化とは何か、食文化の意義と業態としての事例は!!
なぜ、トレーダージョーズは400アイテムで20億円以上売れるのか!!
なぜ、スチューレオナルドは食品業界のディズニーランドと呼ばれるのか!!

◆FUS・改訂版無料配布システム◆

本書は、Free Updating System(FUS・改訂版無料配布システム)です。 お買い上げいただいたOne hour know-how集は、常に最新のノウハウを提供致します。 新たな情報や新たな発想により改訂した場合、既にご購入頂いている方に無料で改訂版をお届け致します。 本書価格には、現在から未来にわたり変化するノウハウ料が含まれております。